一人旅もグループ旅行も!おすすめの人気温泉地3選

日本一の湧出量を誇る「草津温泉」

東の横綱とも称される群馬県の草津温泉は、日本一の温泉湧出量を誇ります。1日に湧き出す温泉は、なんとドラム缶約23万本だそうです。草津を象徴する光景といえば「湯畑」は外せません。豊富な湯が沸き出して湯煙が舞い上がる様は、必見の価値ありです。草津温泉は、江戸時代から伝わる入浴法「湯もみ」でも知られます。草津温泉の源泉は50℃近くもあり入浴するには熱すぎるため、六尺板で湯をもんで温度を下げる「湯もみ」が考案されました。温泉の効能を薄めずに温度を下げるとともに、湯を柔らかくする効果もあるそうです。

アートの街「湯布院温泉」

大分県の湯布院温泉は、女性からの人気が特に高い温泉地です。無色透明でくせがなく、さらっとした湯が特徴で、湯量は草津・別府に次ぐ全国3位を誇ります。由布岳を望める美しい風景と、高層ビルや歓楽街のない情緒あふれる街並みが魅力です。メインストリートである「湯の坪街道」には、土産物屋やスイーツ店、飲食店などが建ち並び、多くの観光客で賑わっています。また、おしゃれなショップや美術館が多いのも由布院の特徴です。「アートの街」と呼ばれるほど美術館が多く、美術館をめぐりながら街をのんびりと散策するのもおすすめですよ。

さまざまな泉質が楽しめる「別府温泉」

大分県の別府温泉は、エリアにより泉質が異なるのが大きな特徴です。例えば、鉄輪では塩化物泉が多く、保温効果に優れポカポカした感覚が続きます。昔ながらの湯治宿が連なり、湯煙があちこちから上がるノスタルジックな雰囲気も鉄輪の魅力です。他にも、美肌効果が期待できる炭酸水素塩泉や硫黄泉など、エリア毎に異なる温泉を楽しめます。日帰り入浴が可能なところも多く、地元民が古くから利用する共同温泉も多いです。

フラマイレーツを探す

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です